*

債務整理しか残っていないのか

月刊誌の宣伝チラシ、繁華街に張り付けられた宣伝やダイレクトメールで、「債務の片付け任せなさい」「多重債務を一本化したいですよね」と書かれた惹句を目に入れることがありませんか。

こういったものは、「整頓屋」「買取専門屋」「つなぎ屋」という名称の会社のおとり広告のときもあるということです。

そのようなものを申し込んだときには自己破産プロセスの中で一番大切な免責承認を受けられないパターンがありえます。

「片付け屋」ではチラシなどで多重債務者を集め、すさまじい料金を受け取って債務整理をしますけれど負債整頓はされず、債務者はより一層の債務地獄にはまってしまうケースが大方と予想されます。

「買取専門屋」の場合は債務者の借金で、電化製品、コンサートのチケットなどを多量に買い入れさせて、依頼者からそれらの品物を販売額の20%あるいは半分で買い上げるというやり口が知られています。

債務者は瞬間的には小金が懐に入りますがいつかクレジット業者経由の購入品の定額の催促がきて、現実には負債額を増額させる結果となります。

このケースではクレジットカード業者に対して詐欺に当たるとされて免責判定を受けられません。

「紹介者」は、大手消費者金融から借りられなくなった債務者へ自分では金貸しは全くせずに、融通を可能である別の会社を知らせて、法外なサービス料を出させるグループです。

紹介人は直接のつなぎで融資してもらえたかのように話しますが、現実には何もせず、単純に調査のゆるめのルートを知っているというだけです。

この場合も結局のところ債務額を拡大させる結果に終わります。


コメントする