*

返済の窓口を一本化する方法って?

雑誌の折込チラシ、スポーツ紙、繁華街に張り付けられた宣伝チラシやダイレクトメールで、「多重借金の合理化やります」「多重借金をひとつにしたくないですか」という広告を読むことがありませんか。

こういうのは、「整理人」「買取人」「紹介人」という名称の悪徳業者の嘘広告の場合があったりします。

そういったものを申し込んだときには自己破産手順の中で最も大切な免責決定を得られない恐れがありえます。

「片付け屋」の場合ビラなどで借金のある人をおびきよせ、常識外の代金を受けて借金整理を行うのですが結局は整理はなされず、負債者はより一層の負債地獄に陥ってしまう結末がほぼすべてと考えてください。

「買取専門人」というのは、債務者のクレジットカードで電化用品、電車の券などを大量に注文させて負債人から買った品物を販売額の2割ー額面半額で買取るという手段をとっています。

債務人は短期には金が増えますが、そのうちカード企業経由で品物の定価の督促がくることになり、現実には借金を増額させることになってしまいます。

クレジットカード業者に対する詐欺行為として免責許可を手に入れられなくなります。

「紹介屋」の場合大企業のサラ金から拒絶されるようになった借金者について、業者としては融資はしないでおいて、融資をする違う業者を教えて、すさまじい経費をもらう会社です。

高度な努力で融資可能となったというふうにしゃべりますが実際は何もしないままただ単にルールの甘いルートを分かっているだけというやり口です。

本当は借金を増やすことになります。


コメントする